ケーキ屋で働いて6キロ痩せました!その2

そもそも糖質って悪者なんでしょうか??

そうじゃないんです!

動いているとき、考えているとき、そして寝ているときも。生きている限り、からだは常にエネルギーを消費し続けています。このエネルギー源になるのが、まず糖質です。
二糖類以上の糖質の多くは消化器官で分解されてぶどう糖に変わり、全身の細胞で使われます。

脂質もエネルギー源になるのでは? もちろん、脂質も、そしてたんぱく質もエネルギー源として使われます。しかし真っ先に使われるのがぶどう糖なのです。
ぶどう糖は、生命維持に欠かせません。

脳は、エネルギー源の多くをぶどう糖に頼っていますし、全身の細胞に酸素を届ける血液中の赤血球は、ぶどう糖しか利用できないんです。

消化吸収されたぶどう糖は肝臓に入り、一部は、「グリコーゲン」と呼ぶ、ぶどう糖がいくつもつながった形となり、蓄えられます。
肝臓を通過したぶどう糖は全身に運ばれて使われますが、筋肉でもグリコーゲンに変わります。肝臓には約100g、筋肉には約400gのグリコーゲンを蓄えておくことができます。

それでも余った分は、脂肪細胞や肝臓で中性脂肪として蓄えられます。脂肪細胞への貯蔵量には、基本的に上限がありません。
だから食べ過ぎてしまうと、太るんですね。

糖質制限にもまだわからない分野があって、じゃあ1日どのぐらいの糖質を制限しなければいけないのか、許容摂取量は??など
まだはっきりとわかってないみたいです。

だから極力糖質はとらない方がいい!!ってのが主流となっていますが、でも米、汁、野菜、魚を食べて育ってきた江戸時代の人たちで
太ってるイメージってまずないというか、、それでも糖質って悪なの??って思っちゃいます。

私も糖質は取らない方がいいと思って信じてましたから、豆腐とか鶏肉とか野菜を中心にして頑張った時期もありました。

でもケーキに囲まれてる環境!!食べたいときにすぐ食べれる!!

我慢もしましたが、どうしても誘惑には負けちゃいます・・・

でも太る理由は他にありました。

ケーキ屋で働いて6キロ痩せました!その3へ続く

担当 おまね

関連記事

  1. お安くなります!

  2. 天候は優れませんが…

  3. 大人気!新商品半熟ちーず♡

  4. 暑い日には冷たいものを

  5. 店内の様子😉

  6. お好きなクッキーはどれですか?

  7. 100ポイント達成で素敵なプレゼント(^-^)

  8. ロングなカステラです

  9. おいしいパンが焼けました🍞

ピックアップ記事

  1. もりんにはパンも置いてますよ(●^o^●)是非お試しください♪
  2. もりんのかわいい焼き菓子ギフト♡ちょっとした手土産にいかがですか?
  3. NEWケーキ★マンゴーショートが今年も登場ですよっ♪
  4. 定番人気商品🎵もりんのまごころーる✨
  5. ◎贅沢ティータイム

最近の記事

PAGE TOP