くるみはどんな形で販売されている?

 

お菓子などのトッピングとしてよく用いられているくるみですが、みなさんはくるみがどんな形で販売されているかご存知ですか?
実はくるみの販売方法の種類は意外とたくさんあるのです。

・乾燥くるみ
一般的に販売されている多くのくるみが、この乾燥くるみになります。
くるみを乾燥させて実の中の水分量をさげることで保存性が高くなり、旨みが増します。

・生くるみ
乾燥させていない状態の物を生くるみと呼んでおり、一昔前は料理やお菓子のトッピングとして多く用いられていました。
しかし最近では生くるみの状態の方が他の乾燥した状態などと比べて高い状態を保てる栄養素があるということがわかり、
生くるみをそのまま食べる人が増えました。

・ローストくるみ
ローストくるみとは、事前にロースト(炒る)されて販売されているくるみのことです。
ローストすることでくるみの味が最大限に引き出されたり、
ポリフェノールなどの栄養価が高くなる効果があります。(ローストすることで低下する栄養価もあります)

もりんのオンラインショップで取り扱っているのは、この事前にローストしてある状態のくるみです。

・味付けクルミ
事前に黒糖やキャラメルなどの味付けをしたものが、味付けくるみです。
味がしっかりとついている分、おつまみやお菓子として販売されている場合が多いです。

・殻付きくるみ
その名の通り殻がついたままの状態で販売されているのが殻付きくるみです。

実を食べるときに殻を割る手間がありますが、すでに殻から向いてあるくるみと比べると保存性が高くなります。
それに殻を割るのも意外と楽しい作業なので、くるみを食べるなら一度は殻つきくるみを買って自分で割って食べてみてほしいですね。
くるみも意外と色々な方法で販売されているので、自分の目的にあったものを見極めたうえで購入できるといいですね。

関連記事

  1. くるみの健康効果その6 老化防止

  2. くるみの健康効果その3 糖尿病の改善

  3. アーモンド&あれこれ第13回『アーモンド×小ネタ』

  4. くるみに含まれる栄養素は?

  5. アーモンドあんどあれこれ第6回『アーモンド×音楽』

  6. アーモンドあんどあれこれ第10回『アーモンド×39』

  7. くるみの品種にはどんなものがある?

  8. くるみの健康効果その8 疲労回復

  9. くるみの保存で大切なことは?

ピックアップ記事

  1. カラフルなマカロン♡見た目もかわいい人気商品です(*^^)v
  2. もりんのパン♡毎日お店で焼いてます(●^o^●)
  3. 父の日★
  4. 旬のケーキ並んでます(●^o^●)いちじくのショートケーキ♡
  5. もりんのバースディーケーキ♡フルーツタルトはいかがですか?(^-^)

最近の記事

PAGE TOP