くるみの健康効果その3 糖尿病の改善

 

くるみを食べることで得られる健康効果の中から、今回は糖尿病の改善について紹介しましょう。
糖尿病というのは簡単にいうと炭水化物などの糖質の摂取量が多い状態が続いて、糖質の代謝能力が著しく低下してしまう病気です。

糖質の代謝能力が低下して血液中のブドウ糖の濃度が高くなると、
手足の神経系の異常や、自律神経の異常、視力の低下、めまいといった糖尿病の症状があらわれてきます。

くるみにはこの糖尿病を改善する効果があるといわれています。
ただし厳密にいえば、糖尿病を改善するための食事療法の際に効果があるということです。

糖尿病になってしまった場合、治療のひとつとして食事療法が用いられ1日あたりの糖質の摂取量が制限されます。
しかしいくら糖質を制限するといっても、他の栄養素はバランスよく摂取しなければいけません。

「糖質を制限しながら、バランスよく栄養を摂取する。」
これはともて難しいことなのですが、ここでくるみが役立ちます。

くるみの糖質は100g中およそ2.6gと少ないのですが、食物繊維やビタミン、アミノ酸、たんぱく質、ミネラルなど栄養が豊富です。
まさにくるみは糖質を制限しながら、バランスよく栄養を摂取するのにぴったりな食べ物なのです。

しかしいくらくるみが糖質が少なく栄養が豊富な食べ物だとしても、1食まるまるくるみを食べればいいわけではありません。
くるみはカロリーが高い食べ物なので、過度の食べ過ぎはいけません。
目安としては1日28g程度といわれており、この量は片手でひとつかみぶんくらいになります。

さすがに片手ひとつかみのくるみを食べても、腹ペコのお腹は満たされませんよね。
しかし食事のメニューに加えたり、間食用の食べ物としてくるみを利用することで糖尿病の改善効果のアップが期待できるのです。

やはり糖尿病にならないことが一番良いことですが、もしものときはくるみがあなたを救ってくれるかもしれません。

関連記事

  1. くるみの健康効果その8 疲労回復

  2. どうしてくるみをローストするのか?

  3. アーモンド&あれこれ第11回『アーモンド×アイ』

  4. アーモンド&あれこれ第12回『アーモンド×morinパート1!』

  5. アーモンドあんどあれこれ第8回『アーモンド×日本における栽培』

  6. アーモンドあんどあれこれ第2回『アーモンド×生産地』

  7. マカロン☆

  8. アーモンドあんどあれこれ第5回『アーモンド×お肌』

  9. アーモンドあんどあれこれ第1回『アーモンド×栄養価』

ピックアップ記事

  1. さあ味覚の旅をはじめよう🍪✨
  2. 世界三大ナッツ★
  3. 暑い日にはひんやりアイス(*^_^*)もりんのジェラレット♡
  4. ハイブリッド☆
  5. この時期オススメのさっぱりスイーツ♡コーヒーゼリーはいかがですか?(^-^)

最近の記事

PAGE TOP