くるみの健康効果その4 集中力・記憶力の向上

 

 

るみを食べると集中力・記憶力がアップする可能性があるとしたらどうしますか?
今回は学生さんや勉強盛りのお子さんを持つ親の方には必見の内容かもしれません。
実はくるみには集中力・記憶力をアップさせる可能性があるといわれているのです。

くるみが集中力・記憶力をアップさせる最初の理由は、くるみに含まれる「トリプトファン」にあります。
トリプトファンという成分は体の中に入ると、「セロトニン」という物質に姿を変えます。
このセロトニンは、イライラやストレス、気分の落ち込みなどを軽減する効果があり、精神を安定させる効果があります。
集中したりなにかを記憶するときには、気持ちを落ち着かせることが必要不可欠です。

次の理由は、くるみに含まれる「チロシン」にあります。
身体の中にはやる気ホルモンといわれているドーパミンやノルアドレナリンが存在しており、
このホルモンの分泌が活発になると集中力や記憶力がアップするといわれています。

実はチロシンは、このやる気ホルモンの材料となる物質なのです。

次の理由が、くるみに豊富に含まれるビタミンB1です。
ビタミンB1は、脳がブドウ糖をエネルギーに変える際に必要不可欠な栄養素です。
つまりビタミンB1が不足してしまうと集中力や記憶力が低下してしまうということです。

最後の理由が、くるみに豊富に含まれるαリノレン酸です。
αリノレン酸を摂取することにより、血の流れが良くなります。
血流が良くなると脳までしっかりと酸素が行き届くようになり、集中力や記憶力の向上につながるのです。
このようにくるみを食べると集中力や記憶力がアップする可能性があるのです。

もしお子さんが受験などの勉強に励んでいる場合は、勉強の合間にくるみをすすめるといいかもしれませんね。
一般的にくるみの1日の接種量の目安は28g程度といわれており、これは片手でひとつかみしたくらいの量です。

しかし小さな子どもにとってはこの量だと多いかもしれないので、自分の子どもにすすめる場合は量を少し少なめに調節するようにしてみてください。

関連記事

  1. アーモンドあんどあれこれ第8回『アーモンド×日本における栽培』

  2. アーモンドあんどあれこれ第2回『アーモンド×生産地』

  3. くるみの健康効果その5 認知症の予防

  4. くるみの保存で大切なことは?

  5. アーモンドあんどあれこれ第1回『アーモンド×栄養価』

  6. アーモンド&あれこれ第13回『アーモンド×小ネタ』

  7. くるみはどんな形で販売されている?

  8. くるみの健康効果その9 ダイエット効果

  9. くるみの健康効果その6 老化防止

ピックアップ記事

  1. もりんにはパンも置いてますよ(●^o^●)是非お試しください♪
  2. もりんのかわいい焼き菓子ギフト♡ちょっとした手土産にいかがですか?
  3. NEWケーキ★マンゴーショートが今年も登場ですよっ♪
  4. 定番人気商品🎵もりんのまごころーる✨
  5. ◎贅沢ティータイム

最近の記事

PAGE TOP