くるみの健康効果その7 不眠症の改善

くるみの健康効果その7 不眠症の改善

最近寝つきが悪くなった。
布団に入って目を閉じてもなかなか眠れない。

みなさんはこんな症状を感じたことはありませんか?
こういったいわゆる不眠症の症状が続くと、日常生活に支障が出るのでなんとかして改善したいですよね。
実はこの不眠症の改善にもくるみは効果的なのです。

不眠症といっても症状の違いから4つのタイプに分類することができます。

・入眠障害…布団に入ってもなかなか寝つけない症状
・中途覚醒…夜中に頻繁に目が覚めて、再び眠るのが困難になる症状
・早期覚醒…早朝に目が覚めてしまう症状
・熟眠障害…しっかりと睡眠時間をとっても眠った気がしない症状

このように不眠症は4つのタイプに分類されるのですが、その原因もいくつか考えられます。
ストレスや精神疾患、病気、生活リズムの乱れ、そして老化です。

人が睡眠をする場合は、体の中に存在するメラトニンと呼ばれるホルモンが必要になってきます。
このメラトニンの量が多ければ、その分眠りにもつきやすくなり熟睡することができるのですが、体内のメラトニンの量は老化とともに減少してしまいます。
お年寄りのかたの睡眠時間が短いのは、この老化によるメラトニンの減少が主な原因となっているのです。

つまりメラトニンを摂取すれば、不眠症を改善できるかもしれないというわけです。

くるみにはトリプトファンとよばれるアミノ酸が非常に多く含まれています。
このトリプトファンは身体の中でトリプトファン→セロトニン→メラトニンという順に姿を変えていきます。
そのため老化が原因となる不眠症の改善に効果が期待できるのです。
さらにトリプトファン以外にも、ビタミンB1やリノレン酸といった栄養素には精神を安定させる効果があり、
老化が原因の不眠以外にも、精神疾患やストレスが原因となる不眠症にも効果を発揮するのです。

近頃毎日の睡眠に満足できていないと感じる方は、毎日片手で一掴み程度のくるみを食べるようにするとその症状が改善されるかもしれませんよ。

関連記事

  1. くるみはどんな形で販売されている?

  2. ふわとろサクサクで大人気の・・・

  3. アーモンドあんどあれこれ第10回『アーモンド×39』

  4. くるみの健康効果その4 集中力・記憶力の向上

  5. アーモンドあんどあれこれ第3回『アーモンド×種類・品種』

  6. アーモンドあんどあれこれ第2回『アーモンド×生産地』

  7. アーモンドあんどあれこれ第5回『アーモンド×お肌』

  8. アーモンド&あれこれ第11回『アーモンド×アイ』

  9. くるみの品種にはどんなものがある?

ピックアップ記事

  1. もりんにはパンも置いてますよ(●^o^●)是非お試しください♪
  2. もりんのかわいい焼き菓子ギフト♡ちょっとした手土産にいかがですか?
  3. NEWケーキ★マンゴーショートが今年も登場ですよっ♪
  4. 定番人気商品🎵もりんのまごころーる✨
  5. ◎贅沢ティータイム

最近の記事

PAGE TOP